まな板を換える目安

まな板を換える目安

「まな板」という調理器具を換える目安は、何をどのように調理するかということにも関わり、調理後、私たちはしっかりとこの調理の場を、たわしなどでこすり洗いきれいにしましょう。ここには何を切るかということにも関わり、生肉や魚を調理した後、必ず熱湯をかけてから洗剤で洗うことが望まれます。そしてこのことはまな板の清潔さに関係し、生でたべられるものを切る板と火で調理しなければならないものを切る板を分けておくと、その清潔さという点では、良いかもしれません。少しでも汚れがあると、この汚れが後に残らないように楽しく流し、この調理のまな板も使わないときには、立てておくことが良いのではありませんか。そして良く乾くようにしたいですね。そのように使えるかどうかというところが、この調理器具の交換の目安でしょうか。まな板という調理器具を清潔にしておくと、生肉や魚の持つ病原菌が私たちの体に入ることを防ぐのです。

木のまな板とプラスチックのまな板

木のまな板は、へこんでも直して元に戻すことが出来る。しかしそれは職人に頼まねばなりません。多分鉋で削り、平らに出来るのです。プラスチックの物は、長く使おうとも、へこんでは来ないのです。しかし、包丁で何を切ろうとも、安価なプラスチックの上でものを切るのと、檜のような木の上で何かを切るのとではその手ごたえが違い、そこに日々の生活の中で、まな板を換える目安があるのではあります。そして私たちがただプラスチックの安価の物を避けて、木の板一枚だけで良いかということを考えるとき、そこにもう一つ考えたいことがあるのではありませんか。どんな料理をするかということにも少しかかわるのですが、例えば、何をどのように食べるかということから考えるならば、すでに考え述べたことですが、そこに少し長期にわたるならば私たちの健康を左右するということにも関係し、このまな板というものの清潔さにも大きな問題があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る